インフルエンザに感染するといつもの風邪よりも重い症状であるというのは経験済みの方が多いと思います。そんなインフルエンザにはA型、B型などの種類がありそれぞれに特徴があります。事前に知っておくことで役に立つインフルエンザ情報を紹介していきます!

熱が出ている男性
  • ホーム
  • インフルエンザの種類とそれぞれの特徴

インフルエンザの種類とそれぞれの特徴

マスクをかける男性

高熱は人の生活を妨害し、様々な弊害をもたらすようになります。高熱が出る代表的な疾患にインフルエンザ感染と言うものがあります。インフルエンザウイルスは人間の肺に入り込んで増殖し、そのことで体に様々な抗体反応が見られるようになります。
その一つが40度近くの高熱と言えます。何とか体外にウイルスを排出しようと熱が出るのが特徴的です。高熱のために関節痛や、頭痛、下痢、嘔吐なども見られ、日常生活を営むのが難しくなります。
これを放置すると重症になって肺炎や脳症になり、命を落とす人さえいます。そのため油断は禁物で流行シーズンの11月から2月にかけて、喉の違和感、発熱、下痢、倦怠感が見られる場合には早急に医療機関で診てもらうのが賢明と言えます。
医療機関では鼻の粘膜を綿棒で採取して検査にかけます。陽性が確認されたら医師は専門の治療薬である、タミフルやリレンザを処方してくれます。タミフルは錠剤であり無図で気軽に服用できることから利便性が高く、多くの医師がこの薬を処方します。
しかし稀に10代の青少年が服用した場合に副作用が現れることがわかっています。その副作用とは幻覚や幻聴と言ったものを見たり、それに伴って異常行動を起こすことがわかっています。
確率的にはきわめて低い副作用であるものの、この副作用で命を落とした青少年も存在し、一大ニュースになりました。
こうした副作用を懸念する場合ははっきりと医師にその旨を伝えて相談し、同じ効果が期待できるリレンザを処方してもらうようにすると良いでしょう。
リレンザではこうした異常行動などの副作用は報告されておらず、安心して服用できます。粉末の吸入薬であり子供や高齢者も服用しやすい特徴があります。

関連記事