インフルエンザに感染するといつもの風邪よりも重い症状であるというのは経験済みの方が多いと思います。そんなインフルエンザにはA型、B型などの種類がありそれぞれに特徴があります。事前に知っておくことで役に立つインフルエンザ情報を紹介していきます!

熱が出ている男性
  • ホーム
  • インフルエンザの筋肉注射の使用法について

インフルエンザの筋肉注射の使用法について

吐き気がする女性

インフルエンザは冬場に流行する病気です。
インフルエンザにかかってしまうと、突然38度以上の高熱を発症して全身の倦怠感や食欲不振などの症状がでてきます。
その他にも、咳や鼻水やのどの痛み、腰痛や吐き気などの症状がでてきます。
インフルエンザの怖いところは、悪化すると肺炎や脳炎などの症状を合併して重症化してしまうことです。
インフルエンザは普通の風邪に比べて感染力が強いので、発症してしまうと人にうつさないようにすることが大切です。
人にうつる方法は、飛沫感染や接触感染、空気感染などがあります。
潜伏期間は1日から3日、10日前後で症状は改善していきます。
インフルエンザにかからないためには、事前に予防接種をすることが大切です。
13歳未満のお子様は2回接種で13歳以上は1回接種となっています。
インフルエンザの予防接種に使われる不活化ワクチンは、日本では皮下注射のことが多いです。
インフルエンザの筋肉注射の使用法とは、深いところに刺すのでしびれや出血がないかを気をつけます。
ワクチン液の注入はゆっくり行なっていきます。
針を挿入するときよりもワクチン液を挿入するときの方が痛みを感じさせることが多いからです。
注射をした後は清潔なアルコール綿で抑えて、液が漏れないように注意しながら軽く揉みます。
予防接種をした後は副反応が起こることがありますので、30分ぐらいゆっくりして様子を見ておきましょう。
アナフィラキシーショックはじんましんや呼吸困難を起こす場合がありますので、気をつけることが大切です。
インフルエンザになってしまうととても辛い思いをしますので、事前に防いでいくことがとても大切です。
積極的に予防接種を受けましょう。

関連記事